コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

ホーム> 駅長ブログ> 駐車車両とゴミ問題

前景
夕暮れ
夜景

駐車車両とゴミ問題

北海道の道の駅では一部有料駐車場の試験運用が始まりました。

どこの道の駅でも長期間または長時間の駐車車両に頭を悩ませているということが分かりました。

そうですよね、長期間置きっぱなしにしてどこかに働きに行ってしまう人もいます。

猪苗代のような積雪地帯は除雪作業の大きな障害になります。

夏でも長期間駐車して駐車場にテント張ったりテーブル出したり火器を使って煮炊きしたりと

様々なことで他の利用者から苦情をいただきます。

みんなで、きちんと、きれいに使うなんというのはもう単なる幻想に過ぎなんでしょうね。

今朝もゴミの山です。

ゴミ箱付近は言うまでもなく駐車場のアチコチにゴミが散乱して。。。。

道の駅のビジネスモデルというか運用は考え直さないと人手不足のなかで

大変な負担を強いられる存在になります。

市町村が毎年多額の税金を投入しないと運営できない道の駅も多いと聞きます。

現場を知らない人が考えるものには限界がある。